支払方法

支払方法

古本買取業者で、集荷依頼を受け付けるところが増えています。段ボールにいらなくなった本やCD、ゲームなどを詰めて、宅急便で送ると、お店の方で買取価格を査定して、金額をメールで通知してくれます。問題なければ商談成立となり、買い取り価格を手に入れることができます。古本屋に本を売る場合、持ち込むとなると、手間がかかります。重いし、古本屋まで出かけていくのが面倒です。集荷依頼を頼めば、自宅に居ながらにして不用品の処分ができるので楽です。 

さて、商談成立後の、売上金の受け取り方法ですが、皆さんは、どのような方法で受け取っているのでしょうか。一般的には、銀行振り込みとポイント払いから選べます。「寄付」という選択肢もあります。これは文字通り「寄付」するということで、自分の手元には売上代金は入ってきません。本などを寄贈するという意味です。いらなくなった本は、世の中のために役立てるために、寄付しようと思う人は、この方法を選択すると良いでしょう。 

しかしこの場合、寄付は置いておくとして、銀行振り込みとポイント払いを見てみましょう。普通に考えると、ほかのいろいろな用途に使える、「現金」にするのが手堅い方法のように見えます。だから、銀行振込を選ぶ人がいるかもしれません。でも、古本買取を行っている人の口コミを見てみると、「ポイント払いにする」という声が多いです。これはなぜかというと、ポイント払いにすると、査定額に10%上乗せした金額を付けられるからです。利益が増えるので、お得です。