店舗とサイト

店舗とサイト

古本買取をした人の口コミを見てみると、「サイトで古本買取を頼んだ」という人が多いことがわかります。これは、インターネットユーザーによる口コミだから、インターネット経由でサイトを利用し、売っている、ということではありません。サイトを経由して売った方が、高値になりやすいからです。 

大手の古本買取業者では、店舗での運営のほかに、サイトでも買取をしています。同じ名前の古本屋ですが、両者は別物です。同名の古本屋でも、店舗とサイトでは、買取価格が違ってきます。店舗ではほんの少しの値段にしかならないものが、ネットを経由して売ると、すごく高くなることがあります。私も、おなじような経験があります。話題になっている小説の単行本を売ろうと思った時、ある古本買取業者のサイトでは、「買取価格800円」となっていました。低下が2,000程度の本ですから、800円で売れるとなると、かなりの額になります。それで売ろうかどうしようか迷っているとき、たまたま古本屋に行く機会があって、同名の古本買取業者に持って行って、買い取りを頼んだら、「50円です」と言われました。ぜんぜん違いますよね?それで、「サイトでは買取価格が800円だったんですけど」と言ったら「サイトと店舗とでは、計算システムが違うんで」と言われました。結局、サイトで売りました。店舗に持って行って、納得がいかないときは、古本買取業者のサイトで買取価格を確認してみるといいかもしれません。


受験が終わった赤本や参考書は参考書の買取サイトで申し込みしてみよう